スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2014の投稿を表示しています

なんとなく「幸せになりたい」と思える人間に。

私が
こっちゃんを育てていて
母親として
いつも心配に思っていることがあります。

「今、不安じゃないかな?」
「今、素直に楽しいと思えているかな?」
「今、どういう気持ちでいるんだろう?」

私はいつも
不安を取り除いてあげたいと思うし
なんの心配ごともなく楽しんでほしいと思うし
小さな変化にも寄り添っていたい。

それは、同時に
「こっちゃんの中に私が母親として存在しているかどうか」
の不安があるからです。


子どもの中に
「保護者が内在化」していると
根源的な「安心」が得られる。
その「安心」が「人が生きる力」になる。
「生きる力」を持っていれば
なんとなく
自分の未来に期待して
「幸せになりたい」「幸せになろう」と(無意識に)思う人間になる。


小さいころのこっちゃんに、
私は
「母親」と認識してもらえていなかった。
そう実感する瞬間が何度も何度もあったのです。
子を産んだものにとって
これほど虚しいことはありません。

私にとって療育とは
私を母親として認識し、信頼してもらうことに等しかったのです。

それがことごとくうまくいかなかった場合
どんな人間になってしまうんだろう…
っていう不安がずっとありました。

なぜなら、私も自分の自己肯定感の低さを認識して、もがいているからです。

この【黒子のバスケ脅迫事件】の渡邊被告は
私が想像する悲しい結果をすべて持って生きてきた感じがします。

涙なしには読めない部分もありました。

ちょっと長いので
後半のふたつ、
「地獄だった小学校の6年間」
「犯罪者からの心に迫るメッセージ」のどちらかだけでも読んでみてください。

私は
彼の育ちに同情するとともに
彼が受けてきたような子育てをしてはいけない、と強く思います。
あまりにも悲劇です。

【黒バス脅迫事件】実刑判決が下った渡邊被告のロジカルでドラマチックな『最終意見陳述』があまりにも切ない