スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2012の投稿を表示しています

「偏見」に満ちた世界

…なんていうと、乱暴ですかね。

私はいつのころからか
世の中のすべてには表裏(良い部分と悪い部分)があると思って生きてきました。
なので
ある事柄に対して、本人が「正しい!」と信じるのは自由であり、
それは尊重されるべきものだと思っています。
けれど
その「正しい!」と思ったことを、自分以外の人に押しつけてしまうような状態になったとき
それは「間違っている」と思うのです。

私は今、現役の母親による母親支援活動をしています。→ハハラボラトリー

ハハラボでは毎月、学習会を開催しています。
それは発達の気になる子どもについて、だったり
カナダのファミリーサポートの理念を提供して座談をしたり、などなど…。

その学習会の中で
ファミリーサポート理念の中の「偏見」について学ぶことがありました。

そのときに
他人や世の中の現象に対してだけでなく
自分で自分自身にも「偏見」を持っているのだな…ということを学びました。
例えば…
「専業主婦なんだから~くらいできてて当たり前」
「私は母親なんだから~して当然」などなど。

そうして「偏見」を意識しだすと…
まぁなんと…
私の周りは偏見に満ちていることか!

そして
私って偏見のかたまり!^^;
と思うのです。

ここ最近の出来事をあげても…

(1)座談会に出席された祖母と姑の立場の女性(79才)からの
「今のお母さんは幸せだと思う」
「そのくらいの年頃の子どもが一番かわいい。過ぎればかわいかったって思うわよ」
 ※ご本人にまったく悪気はありません。素直な感想です。

(2)市民活動の相談コーナーにて
ハハラボさん頑張ってますね~。今度、調理室で料理のものもやるんでしょ?」と言われ
ハハラボは料理教室みたいのはやらないですね。
自分のお家の料理だけで手一杯なので…^^;と答えたら
「まったぁ~!料理なんかしてるの?本当に?」
※これまた悪気はなく、これだけ緻密な活動をしているんだから
  ある程度のサポートがあるんだろう…と思い込んでおられるのでしょう。

(3)私が娘のことについて「気持ちの面で影響されやすいデリケートな部分があって…」
と、ある年配(60代)の女性に説明したところ
「お母さんが忙しく働いているから、寂しさからくるもんじゃないの?」
 ※久々の衝撃波!しかし、相手にまったく敵意・悪意はないのです。


どうですか?

世の中の現役のお母さま…

言葉づかいの成長

5才を過ぎてからのこっちゃんのお話しぶりったらすごいのです。

え!そんなステキな言い方できるようになったの!?と
いちいち嬉しくなります。

先日、朝食にココアを出しました。
ちょっとまだ甘みが足りないかなぁ?と思いつつ
そのまま出しました。
そうしたら…

こっちゃん「ママ。このココア、ちょっと飲んでみてくれる?」
私「うん。(飲む)」
こっちゃん「どう?どんな味だった?」
私「ココアの味だよ。おいしいよ」
こっちゃん「こっちゃんはねー。あまりおいしくないように思うんだけど…」
私「確かに、あまり甘くないね」
こっちゃん「でしょ!もっと砂糖いれてよ~!」

…なんて!
ついこの間まで「砂糖!」と名詞だけ叫んで、ブチ切れていた人とは思えません(T_T)感激。

もうひとつ。

ちょうど私たちのお風呂上がりに帰宅し、晩ごはんを温めていたパパに
こっちゃんが「パパ、お茶ちょうだーい!」とリクエストしました。
「はい、どうぞ」とお茶を渡してくれたパパにひと言。
「仕事から帰ってきたばかりなのに、ごめんね~」

…だって!!!
それはそれはパパも感激しておりました(^o^)丿

この話を
今日の「ことばの教室」で先生に話したら
先生も大いに笑って、一緒に嬉しい気持ちになってくださり、
そして
「お母さんがこれまで接してきたことが実を結んでいる」
というようなことを言ってくだって
素直に嬉しかったです。
じぃ~ん(T_T)としてしまいました。

私はてっきり、幼稚園の担任の先生の真似だろう…と思っていたんですけどね^^;

そして
今日は、午後から「こころとそだちのクリニックむすびめ」で
田中ビネー式の発達検査を受けました。
結果は土曜日にお伺いしにいきます。

ちょっと結果が楽しみです。