スキップしてメイン コンテンツに移動

公開講座出席:発達障がい児者支援と家族支援を考える(クローバー主催)

NPO法人 北海道学習障害児・者親の会 クローバー主催の
公開講座「発達障がい児者支援と家族支援を考える」に出席しました。

この公開講座は
「ペアレントメンター」という
一般的に発達障がい(の元になる)特性のある子どもを育てている親が
その経験を社会に還元していくという活動について
さまざまな立場の方たちが、いろいろな角度からレクチャーしてくれるものでした。

お話してくださった方々は…

北海道教育大学旭川校 特別支援教育分野の安達 潤先生や
札幌市保健福祉局 障がい保健福祉部長の天田 孝さんや
北海道保健福祉部 福祉局 地域福祉担当局長 内海 敏江さんや
北海道大学教授でクローバー顧問の室橋春光先生
札幌市自閉症・発達障がい支援センターおがる所長の加藤 潔さん
クローバー副理事長の長田じゅん子さん

です。

↑あぁ…漢字ばかりイヤだわ。読む気がしない(笑)

よし。
誤解を恐れず、ちょー簡単に書くことにします。

メンター(menter)とは
「信頼のおける相談相手」ということです。

つまり

私のような、決して楽しくはない(個人的な感想です^^;)手さぐり子育てをしてきたお母さんが
今、まさにご自分のお子さんの発達や生活態度などについて悩まれているお母さんの
話を聞き、有益な情報を与え…
精神的な負担や不安を少しでも軽くしてあげられるような活動のことです。

この活動は
全国的に盛り上がりを見せています。

本当に必要とされている活動だ、と私は思っていますので当然の成り行きかな。


自分の子どもが発達のことなどについて
誰かに指摘されたとき…
私たち母親は

自分の子どもが発達障がいですって?
まさか…?
なんで、うちの子が?
ってゆーか、発達障がいって何?

そんなぐちゃぐちゃの不安状態になってしまいます。
そのような状態のとき
同じような経験をしたお母さんが、そっとそばにいて
「うん。うん」と親身になって話を聞いてくれる…
そして、必要な情報をくれる…
今、目の前にある事実を少しだけ冷静に見られるようになる…
…そういう活動をするのが
ペアレントメンターです。

なんとも残念なことに
発達の問題は目に見えません。

…なので、診断にも時間がかかる場合があるし
診断は出たけれど、その子の特性がつかめて、適切な療育環境が整うまでは
必ず「空白の期間」がでてきます。

その間の母親の苦悩、不安は、相当なものです。

この期間の母親こそ、支えて欲しい!

自分が何をどう不安がっているのか、
どうやってことばにすればいいのか、
誰に話せばいいのか、
などなど
本当に本当に
ものすごい苦悩のウズマキに、ぐ~るぐるに巻かれている状態なんですよ。

そんな状態をほぼ自力で乗り越えられてきたメンターさん。
そんな方に話を聞いてもらうなんて、本当に心強いと思います。

ペアレントメンターの活動や必要性は

行政などの公的機関の支援内容にも盛り込まれつつあり
札幌市でも
平成24~29年度さっぽろ障がい者プランの中に組み入れられているようです。

一刻も早く、当たり前の制度・活動になってほしい!

そして私の専属を…(笑)

コメント

  1. ハハラボがメンターを導入するスタイル、なんとかとれるといいなあ、とおもいました。
    がんばっていきたいものですね。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

大活躍したハーネス(迷子防止紐)

今日、ハハラボラトリーの打合せがあり
その席でメンバーのお子さんへ
我が家で大活躍したハーネスを渡しました。

この僕が背負っているひつじちゃんです。
我が家で何十回も洗濯された、このひつじちゃん。

こっちゃんが1才8カ月から3才になる直前まで使用したものです。

このひつじちゃん、本当に本当に大活躍したのです。
こっちゃんの命を救ってくれた!(;_;)と思ったことも二度ほどありました。

10カ月で歩きはじめたこっちゃんは
ひとりでどこへでも行きたがりました。
興味があるものを見つけては突進していきます。
うろうろするのではなく、ぴゅ~っとどこかへ行ってしまうので

とにかく、追いかけるのがたいへんでした。


こんな状態で妹ちゃんが生まれるなんて…。
妹ちゃんが生まれるころ、こっちゃんは1才5カ月…。

私は、妹ちゃんが生まれたら
こっちゃんと赤ん坊(妹ちゃん)を連れて
どうやって外出するか、安全につなぎとめておく方法はないだろうか…と
そのことばかりを心配して
何か良い方法はないかと探り続け、迷子防止用のハーネスの存在を知り
そして
このゴールドバグのアニマルハーネスを見つけたのです。
もう、これしかない!
そんな想いで購入しました。

このひつじちゃん、想像以上の大活躍でした。

肩とお腹の部分をホールドしているので
つないでいる手を振りほどき、走り出しても、グッと引くと動きが一瞬止まります。
動きが止まった隙に
手をつなぎ直すのに、駆け寄ることができます。

妹ちゃんを抱っこひもで抱えている私が
手を振りほどいて突進するこっちゃんを制止するのは至難の業…
車道に飛び出すこっちゃんを、何度引きとめてくれたことか…(;_;)

しかし、こちら
実は賛否両論でした。

特に、道行くおじいさんには不評のことが多かったです。
「こんなので、くくってー。かわいそうに」なんて言われることも…(ー_ー)!!
逆に、おばあさんには
「あ~ら~、今はこんな便利なものがあるのねー!」と言われることが多かったです。

↑子育てに対する視点は、男と女では一生隔たりがあるんですね(笑)

ま…
当時の私は
どこで、だれに、どんなことを言われようと
とにかく

うっかり手が離れて
死なせるよりマシだ!

そう思っていました。

命の確保。
これ以上ない、たいせつなことですよね。

「偏見」に満ちた世界

…なんていうと、乱暴ですかね。

私はいつのころからか
世の中のすべてには表裏(良い部分と悪い部分)があると思って生きてきました。
なので
ある事柄に対して、本人が「正しい!」と信じるのは自由であり、
それは尊重されるべきものだと思っています。
けれど
その「正しい!」と思ったことを、自分以外の人に押しつけてしまうような状態になったとき
それは「間違っている」と思うのです。

私は今、現役の母親による母親支援活動をしています。→ハハラボラトリー

ハハラボでは毎月、学習会を開催しています。
それは発達の気になる子どもについて、だったり
カナダのファミリーサポートの理念を提供して座談をしたり、などなど…。

その学習会の中で
ファミリーサポート理念の中の「偏見」について学ぶことがありました。

そのときに
他人や世の中の現象に対してだけでなく
自分で自分自身にも「偏見」を持っているのだな…ということを学びました。
例えば…
「専業主婦なんだから~くらいできてて当たり前」
「私は母親なんだから~して当然」などなど。

そうして「偏見」を意識しだすと…
まぁなんと…
私の周りは偏見に満ちていることか!

そして
私って偏見のかたまり!^^;
と思うのです。

ここ最近の出来事をあげても…

(1)座談会に出席された祖母と姑の立場の女性(79才)からの
「今のお母さんは幸せだと思う」
「そのくらいの年頃の子どもが一番かわいい。過ぎればかわいかったって思うわよ」
 ※ご本人にまったく悪気はありません。素直な感想です。

(2)市民活動の相談コーナーにて
ハハラボさん頑張ってますね~。今度、調理室で料理のものもやるんでしょ?」と言われ
ハハラボは料理教室みたいのはやらないですね。
自分のお家の料理だけで手一杯なので…^^;と答えたら
「まったぁ~!料理なんかしてるの?本当に?」
※これまた悪気はなく、これだけ緻密な活動をしているんだから
  ある程度のサポートがあるんだろう…と思い込んでおられるのでしょう。

(3)私が娘のことについて「気持ちの面で影響されやすいデリケートな部分があって…」
と、ある年配(60代)の女性に説明したところ
「お母さんが忙しく働いているから、寂しさからくるもんじゃないの?」
 ※久々の衝撃波!しかし、相手にまったく敵意・悪意はないのです。


どうですか?

世の中の現役のお母さま…

こどものへやCOSMOS

2011年11月に引っ越しをして 慣れ親しんだ幼稚園を退園しました。 そして 4月に新しい幼稚園に入園するまで 毎週水曜日に NPO法人こどものへやCOSMOSさんが主催するキッズクラスに通っています^^ (児童デイなどの療育活動とはまったく別のものです)
ものすごい途中参加なのに みなさん温かく迎え入れてくださり 同じ幼稚園に入園するお母様たちもいて 思いきって参加することを決めて良かった!と毎週思います^^
本格的な保育指導の経験がある方たちが行っているので 毎回、趣向を凝らしたプログラムで ミニ幼稚園、プレスクールと言っても過言ではないという感じで かなりオススメのキッズクラスです。
今日は 新聞紙と段ボールを使った遊びをしました。
朝、出かけるときに カバンに過去の朝刊を2部入れたのですが 「こっつんの、どっち?」と言いはじめ…イヤな予感が。
キッズクラスが始まり 新聞紙を使った遊びがはじまると 案の定… こっつんの新聞は、こっつんなりに自由に使いたいという主張がはじまりました^^; これは、こっつんの!という独占欲、全開。
最初の新聞紙を使った遊びは 1ページを大きく開いて その上に乗って 先生とじゃんけんして 負けたら半分に折っていく… というゲーム。
妹のさーたん(3才3カ月)は 新聞紙が小さくなっていくのが面白くて わざとじゃんけんに負けるほど…^^
一方、こっつん(4才8カ月)は じゃんけんで負けることもイヤならば(勝ちへの執着) 新聞紙が小さくなっていくということもイヤで(変化を嫌う) かなり気持ちが乱れ 挙動不審になり参加できず。。。
じゃんけんのゲームに参加できない間 こっつんは、自分の新聞を一枚一枚広げていたら その上を男の子たちが走り回ることに あぁぁぁ!!!となり (自分で決めたテリトリーを侵されるのは最大のタブー)
小さい子(2才の子どもも一緒のクラスなのです)が ニコニコでやってきて 新聞紙にちょっとヨダレ垂れちゃって それを発見し、泣き顔で必死にぬぐったり…
…とにかく、新聞紙遊びは こっつんに合わない(笑)!!
やっと、段ボール遊びになり 楽しんでくれ~と思っていたら ここでもまた…
段ボールでつくった細長い橋を渡って…というゲームで 最初の先生の説明が 「段ボールの橋から足がはみ出たら… ガオーッときて、いたいいたいになるか…