2012年2月22日水曜日

3ヶ月コリック⑵

しつこく書きますよ。
3ヶ月コリックにまつわるエピソード!

当時のメモを見て
ムカつくし悲しいし傷ついたベスト10!!


■義理の母と姉が…
どこからかもらってきた小冊子をプレゼントしてくれた。
その冊子の中に
よく泣く赤ちゃんのことが書かれているコーナーがあって
そのページに付箋がついてた(´・_・`)

■夕方、電話をくれた叔母が…
電話口から聞こえる
あまりのギャン泣きぶりに
「ちょっと何これ…
こんなに泣くの?
大丈夫なの?」
…と心配してくれた(´・_・`)

■夕方、電話をくれた夫が…
3ヶ月コリックの話をしたのにも関わらず
電話口から聞こえる
あまりのギャン泣きぶりに
病気じゃないの?
具合悪いんじゃないの?
と異様に心配し
結婚後、初めて定時退社し
遅くまで診療している小児科に連れて行かれ
結局、なんともなくて
なんだか整腸剤をもらって帰宅した…(´・_・`)

■歯医者さんで…
泣きまくるこっつんがいたけど
私の歯が猛烈に痛み
近所の歯医者さんへ通院した。
受付の人は子持ちだし
赤ちゃんも一緒でいいですよ(^^)
…と言ってくれていたが
2回目の診療が終わったあと
泣き続けちゃって可哀想なので
次回は預けて来てもらえますか?
と、同伴を拒否された…(´・_・`)

■抱っこが下手なのか…
左手首が痛み
病院へ行ったら
重度の腱鞘炎で
リンデロン注射に通うが
一向に改善せず
左手首が痛んで入浴中に
こっつんを落としかねないことが続き
結局、
腱鞘を切断する手術をした…(´・_・`)
腱鞘ってなくていいの?

■夕方の買い物で…
ちょうどレジをしているあたりから
ギャンギャン泣きはじめ
周囲から異常に注目される…(´・_・`)
どうしても泣き止まないんですよ…
夕方に買い物なんてしちゃってスミマセン(T_T)

ベスト10‼
…と言ってみたものの
10ないのね(笑)

書いてみれば
ナーバスになっていただけのような気がする(´・_・`)

でも
毎日、ギャンギャン泣く赤ちゃんを育てている母親としては
それだけで精一杯で
へたに心配されたり、同情されたり、アドバイスもらったりしたら…
そのすべてが

あぁ…
私の赤ちゃんのこと
ただ単純にカワイイと思ってもらってないのか…

…と思わせるものだったんですよね(´・_・`)

私の場合はね‼
ん、、私が特別ひねくれているのかもしれないけどね‼

当時、私が心から納得して
ちょっとウルウルしたコトバは

赤ちゃんは泣くもの!
泣くしかできない!
たくさん泣いたら、肺が強くなる!
一生懸命、泣かせてあげなさい!

…という
産院の助産師さんのコトバ。
今、書いてて
また泣けたほど
当時の私を前向きにさせてくれた
たいせつなコトバ!

泣けば泣くほど肺が強くなるかは不明ですが
今の、こっつんは身体も大きくとても丈夫で
熱が2日以上続いたことは一度もありません。
咳が続くような風邪も一度罹ったくらいです。
根拠はないけど
「こっつんは、赤ちゃんのとき一生懸命、たーくさん泣いたから強い身体になったんだよー‼」
と大絶賛してあげてます(。-_-。)





0 件のコメント:

コメントを投稿